ADT(Android Development Tools)をインストールする

日本語化したEclipse をインストールしただけでは Androidアプリ開発は出来ないので、Eclipse のプラグインである「ADT(Android Development Tools)」をインストールします。

ADTをインストールすることにより、Androidアプリ開発に必要なAndroid用のプロジェクトが作成可能になるのでこれも必須の作業となります。

EclipseでProxyの設定を行う

これから示すADTのインストール方法はADTをインターネット経由でダウンロードしてインストールする方法です。

インターネット接続にプロキシーの設定が必要な場合は事前に設定しておかなければなりません。インターネット接続にプロキシー設定が必要でない方はここは飛ばしてOKです。

設定画面を表示 Eclipse のメニューから「ウィンドウ」→「設定」で設定画面を表示させます。

ネットワーク接続の設定 「一般」→「ネットワーク接続」を選択します。

プロキシー情報を設定する ここで「手動プロキシー構成」をチェックするとプロキシーに関する項目が入力出来るようになるので必要な情報を入力します。

認証が必要なプロキシーサーバーの場合は「プロキシー認証を使用可能にする」にチェックを入れると、ユーザ名、パスワードが入力出来るようになります。

各項目への入力が完了したら「OK」ボタンを選択して設定画面を閉じます。

ADTをダウンロードする

ソフトウェア更新 Eclipsのメニューから「ヘルプ」→「ソフトウェア更新」を選択します。

使用可能なソフトウェア 「使用可能なソフトウェア」タブを選択します。

サイトの追加 「サイトの追加」を選択します。

サイトの追加ダイアログ 「サイトの追加」ダイアログが表示されます。

ロケーション入力 「ロケーション」に http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/site.xml を入力し、「OK」ボタンを選択します。

ADT関連の項目の確認 すると、ADT関連の項目が表示されているはずです。

ADTのインストール 左のように、ADTに関する項目にチェックを入れてから、「インストール」を選択します。

進行状況ダイアログ 進行状況ダイアログが表示されるので終わるまで待ちます。

ADTをインストールする

インストール指示 「インストール」画面が表示されるので「次へ」を選択します。

ライセンス規約確認 ライセンス規約を確認したら「使用条件の条項に同意します」を選択し、「終了」を選択します。

インストール開始 インストールが開始されるので待ちます。

インストール終了 インストールが終了すると、Eclipseの再起動を促されるので「はい」を選択してEclipseを再起動します。

ADTのセットアップ

設定 Eclipse のメニューから「ウィンドウ」→「設定」を選択します。

Androidを選択 左側のツリーに「Android」が追加されているのでそれをクリックします。

エラーメッセージ表示 そうするとこのようなエラーメッセージが表示されます。

参照の選択 SDKのパスを指定していないので「値は既存のディレクトリーでなければいけません」と怒られます。「参照」を選択しましょう。

Android SDKのパス指定 Android SDK のフォルダを選択して「OK」ボタンを押します。

SDK Locationの確認 そうすると「SDK Location」に選択したフォルダが表示され、上部に表示されていたエラーメッセージも消えますのでこれでOKです。「OK」ボタンを選択して設定画面を消してください。

設定完了待ち Eclipse の右下部がこのような感じになるのでこれが終わるまでちょっと待ちます。これが終了すればADTのセットアップは完了となります。

Androidアプリ開発に必要な新規プロジェクト作成が正常か確認する

Android Projectの確認 Eclipseのメニューから「ファイル」→「新規」→「プロジェクト」を選択すると「新規プロジェクト」ダイアログが表示されます。

そこに「Android Project」があればOKです。

スポンサーリンク
Rakuten
格安Androidタブレット